社会福祉法人 四ツ葉会

特別養護老人ホーム 元気の家

入居者様の過ごし方

  1. 元気の家トップページ
  2. 入居者様の過ごし方

安心して過ごす

入居者様に安心して、また、いきいきと暮らしていただけるよう、研修を積んだ介護スタッフが24時間体制でケアします。夜間も定期的に就寝中の様子を伺いますので、急な体調の変化があった場合でも看護師と連絡をとることができます。
また、ご家族様からのご要望やご意見は、生活相談員がお伺いいたします。お気づきのことがございましたら何なりとお申し付けください。

お仕事や役割を持ちながら過ごす

入居者様の中には、コップ洗いやタオルたたみだけでなく、薬箱運び、金魚へのエサやり、施設内の換気を促す放送などを担当していただいている方も多くおられます。入居者の皆様はいつも前向きにやりがいを持って取り組んでくださっています。本当にありがとうございます!
元気の家では、スタッフや他の入居者様から「ありがとう」と感謝されることが入居者様の活力になると確信し、入居者様の役割活動を推奨しています。

リハビリをしながら元気に過ごす

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士による個別のリハビリテーションにも取り組んでいただけます。座り姿勢や歩行などの練習の他、発声や嚥下(飲み込み)の練習をすることができます。

ご家族様と一緒に過ごす

ご家族様の面会は、入居者様にとって特別な楽しみです。
毎月開催している「ご家族様イベント」では、季節の行事やトレンドを取り入れた食事を囲んで、家族だんらんのひとときを過ごしていただけます。お正月や夏祭りのイベントではひ孫様までご参加いただけるご家族もあり、入居者様の笑顔も格別です。
毎月開催中のご家族様イベントの報告はこちら→

楽しみながら余暇を過ごす

茶話会や映画鑑賞会、お菓子作り、ボランティアの方をお招きしてのイベント、季節ごとの行事、お買い物での外出など、入居者様に元気の家での生活を楽しんでいただくさまざまなレクリエーションを開催しています。
お誕生日のお祝いは、可能な限り当日に個別開催しています。サプライズでご家族様に登場していただいたり、仲良しの入居者様と外食に行かれたり、記憶に残る感動的なお誕生日を演出いたします。

看取りケア期は穏やかに

近い将来に死に至ることが予見される場合でも、その最期の時を施設で過ごしていただくことは可能です。最期までご自分の人生を充実して納得して生き抜くことができるよう、そして心穏やかに過ごしていただけるよう、元気の家はできる限りのご協力をさせていただきます。
※看取りケアについてはこちら→

page top

開く
close